So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2012年04月 |2012年05月 ブログトップ

ギャンブルをせず流れに乗る [ギャンブル]

勘だけでトレードすることなく、自分の決まりをしっかりと作るようにして、希望のスタンスを目指してください。どっちにしろ、ギャンブルをせず流れに乗って、買い時、売り時のきっかけをとらえれば、利益は付いてくるものです。

オセアニアの通貨であるオーストラリアドル(AUD)とニュージーランドドル(NZD)は、今は次々とトレード量が増えてきた通貨なので、研究したいですね。自分の投資スキルを把握したうえで、良い点と難点を留意し、希望を定めるのがよいはずです。

このところは堅調な経済と豊富な資源という観点から、カナダドル(CAD)もポピュラーとなっていますから、熟慮したいところです。 FX ではレートは常に変動しますから、タイミングを逃してもまた別のきっかけがやってきます。だから、いつでも為替のトレンドに注目していてください。

要は仕事で忙しいという人は、長期でトレードをするポジショントレードがメリットがあるでしょう。やり方や戦法を間違えれば、一瞬で資金とリターンがなくなってしまうというリスクもありますから難しいんですけれどもね。

-今日のFX用語-
■JGB
「JGB」とは、日本国債のことをいいます。Japanese Government Bondの略です。




共通テーマ:マネー

スイングトレードのツボ [スイングトレード]

また、為替の大きな傾向を読んで投資するポジショントレードだと、トレード回数が少なくていいのが良い点なのですね。因みにこれは人間心理の短所ですが、儲けは早く確定しマイナスはなかなか確定できないのが一般的なのでしょう。

この先のレートを推定するには、経済指標のチェックも重要ですが、指標を発表する要人の発言も入念に聞きましょう。投資する通貨のボラティリティや金利、そしてその国の経済的特性の確認は忘れずに。

スイングトレードのツボは、周期のある相場のサイクルを留意し予測して儲けることです。 FX で驚異的な損害を被らないためにも、是非新しいシステムを取り入れているFX 業者を用心深く選んでください。

-今日のFX用語-
■日銀展望レポート
「日銀展望レポート」とは、日本銀行の政策委員会が公表する経済と物価情勢のレポートのことをいいます。GDP、消費者物価、国内企業物価の予想が示されます。




共通テーマ:マネー

FX 投資を始める前に [FX 投資]

値動きや傾向に関連性の薄い2つ以上の通貨ペアに元手を分散するような投資配分はリスクヘッジの面で実用的といえるでしょう。ちなみに FX 会社が倒産しても元金が戻ってくる(信託保全)業者を選定することは今では重要ですね。

たとえば、FX 投資を始める前に、予め投資額の限度を決めておくのも意外にポイントです。可能なら FX だけでなく、他の多種多様な投資の方法を検証するのも結構有効ですから重要かなと思います。

まずは、投資を行うスパンがどれくらいかを入念に厳選し、自分にあったトレード方法を見つけるのです。元本の安全性を重視したい、ロスは出したくないというのであれば、レバレッジは抑えて元金を多く持った方が有利です。

それと、重要ですから覚えておいて欲しいのですが、金利が上がれば通貨も上がるという性格を持っています。それはそうと順張り系の指標は、ボックス相場では意義 のあるシグナルを出しませんので、そしたら逆張り系を使用するとよいでしょう。

-今日のFX用語-
■WTI
「WTI」とは、ニューヨークの先物市場で取引されている原油先物のことをいいます。West Texas Intermediateの略です。




共通テーマ:マネー

自分の投資テクニック [投資]

自分の投資テクニックを把握したうえで、利点とデメリットを確認し、目標を定めるのがよいわけです。あとこのごろ話題のシステムトレードは、投資家の感情を排して自動取引きできる点が利点です。

また、そもそも順張り系であるMACDのサインがいまだに明確にでていないときは、簡単に稼ぐことが可能なカレンシーが明確にはない様子を意味しますので、警戒が必要です。損失の回数が少ないとホントに心理的には楽になりますが、大事なのは回数ではなくてロスの額だと思います。

一度注文が確定してしまったら停止できませんから、レートの状況と見込みを把握して入念に戦略を立てたいものですね。入門者は特に、損切りタイミングやプロフィット確定の好機をしっかり掴んで、大きなロスは敬遠するようにしてくださいね。

スローストキャスティクスという指標は、もみ合い相場での活用に長所がありますから、わりに大切だといえます。

-今日のFX用語-
■テイクプロフィット
「テイク・プロフィット」とは、含み益が出ているときに為替取引を反対売買して決済させ、利益を確定することをいいます。




共通テーマ:マネー

FX取り引きで収益をあげるには [プロフィット]

FX取り引きで収益をあげるには、流れを見極めることなのですね。それには、移動平均線を活用するのが最適でしょう。安定した儲けを出していくためには突然利益を出そうとしてはいけませんし、なるべく長期的な踏ん張りが必要とされます。

オセアニアの通貨であるオーストラリアドル(AUD)とニュージーランドドル(NZD)は、このところは徐々に取り引き量が増えてきたカレンシーなので、探求したいですね。根本的に仕事で忙しいというひとは、長期で取引きをするポジショントレードが意義 があるわけです。

-今日のFX用語-
■踏み上げ
「踏み上げ」とは、評価損が出ている売りポジションを買い戻してポジションを決済し、損切りすることをいいます。




共通テーマ:マネー

プロフィットを大きく、損失を最小限にすること [プロフィット]

プロフィットを大きく、損失を最小限にすることで、トータルで儲けるという観点がよいはずです。利益が出た場合、なぜその売買は成功したのかを研究してみると、新しい名案が出て探求が深まるかもしれません。

FXで長期的にきちんと勝つためのつぼは、損切り(ロスカット)と利食い(リミット)のレベルを事前に決めておくことなのでしょう。早めの損切りも要は重要ですが、レート豹変のリスクヘッジには、両建ては効果的な方法なのでしょう。

ドル円(USD/JPY)は日本では一番取り引きされている代表的な通貨ペアですので、FXの駆け出しの方でもわりとトレンドを読みやすいです。 FX 業者を選択するときに見直ししてもらいたいのが、やはり実際にトレードしている人の口コミではないでしょうか。

-今日のFX用語-
■経常収支
「経常収支」とは、ある国が他国との経済的な取引のやりとりを集計したものです。貿易収支、経常移転収支、所得収支、サービス収支から構成されています。




共通テーマ:マネー

-|2012年04月 |2012年05月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。